産経ニュースの特集【過去からの警鐘 埋もれた巨大地震】(3)絵が示す未知の南海地震絵に、自然災害が記録されている。実はよくあることだ。とくに1923年の関東大震 ...

ヨーロッパで活動度が最大規模であるエトナ山(イタリア:シチリア島東部)が、2012年に入ってから活発化している。昼でも赤い炎を吹き上げる姿が観察され、その姿は1 ...

2010年8-10月に、ニューハンプシャー大学のチームが行った、マリアナ海溝の音波探査(※)結果。下図の黒線で囲まれたところが調査範囲。下図の下方の小さな白い囲 ...

2012年4月12日付の時事ドットコムの記事 「10日で1100万円超=宇宙機構のネット寄付募集-はやぶさ2が半分以上」 で、やはり一般人は思い違いをしていると ...

NASAの人工衛星写真が捕らえた、東北地方太平洋沖地震前後の、東北地方の画像。2005年と311直後の比較。311後に浸水した場所がよくわかる。

NASAのGRACEという人工衛星データから得られた、近年の氷河(氷塊)の成長・減退を示す動画。映像中の色の意味は次の通り黄色:山岳氷河青色:氷塊の減退赤色:氷 ...

NASAが、NASAや日本の人工衛星データを使って、南極大陸の氷(氷床、氷河)の流れをシミュレーションした。流れは大陸中心から起きていることがよくわかる上に、こ ...

地震調査研究推進本部の『地震動予測地図』。ただ揺れの予測だけが書いてあるのではなく、過去の地震の震源の位置だったり、断層の特徴だったり、場所によっては断層が走っ ...

2011年3月11日から現在までの地震を、発生時刻に震源位置はそのままでマグニチュードの大きさを円の大きさで表して早送りするプログラム。日々更新。この有名なプロ ...

NASAが、月の歴史45億年を2分42秒の動画にし、Youtubeで公開した。45億年前に地球に巨大な天体が衝突して、そのかけらが飛び散り月が誕生した(ジャイア ...

WIRED.jpが『早送りで見る大陸移動』として、6億5千年間の大陸移動(プレートテクトニクスによる)を1分20秒に短縮した動画を掲載している。地球表面がここま ...

2011年3月11日に発生したM9.0の巨大地震・東北地方太平洋沖地震では、最大遡上高40m(2012.4時点)の巨大津波が発生した。これにより、人々の生活が一 ...

国際地震工学センター(IISEE)による津波シミュレーションの動画。ホームページに飛び、この図の下にある「Fig.3」の行の文字をクリックすると再生。右上の早く ...

産経ニュースの特集【過去からの警鐘 埋もれた巨大地震】(2)貞観前後 謎の“首都直下” 地震考古学とは、考古学的手法によって過去の地震の実態に迫る学問である。地 ...

産経ニュースの特集【過去からの警鐘 埋もれた巨大地震】(1)関東大震災の大津波 犠牲者なし「奇跡の村」これまでメディアにめったに取り上げられることのない、古地震 ...

IODP(国際深海掘削プロジェクト)(日本の中心はJAMSTEC[海洋研究開発機構])が保有する船「ちきゅう」。2010.10.25~2011.1.10で実施さ ...

IODP(国際深海掘削プロジェクト)(日本の中心はJAMSTEC[海洋研究開発機構])が保有する船「ちきゅう」が、2012年4月1日出航。311を起こしたプレー ...

日本のプレート境界の一つは、太平洋プレートとフィリピン海プレートの境界である。その南の延長には、volcanic chainという、火山島の列がある。その一つで ...

時事通信社『東日本大震災~あれから1年~』で、撮られた動画が一覧できる。地震、津波、会見、救助など56種類。

時事通信社『東日本大震災~あれから1年~』で、撮られた写真をカテゴリー分けしてまとめている。津波、原発、デモ、停電・・・。カテゴリーだけで64もあり、あの震災が ...

時事通信社が『東日本大震災~あれから1年~』と題して、津波直後の各街の姿と1年後の姿を写真で比較している。1年間津波の映像を目にすると、どれほどの惨状だったのか ...

3.11以降、 「地震だ! 火を消せ!」 の標語は間違いだ、という報道を良く目にする。 今の時代は、ガスレンジもストーブも、揺れに対する安全装置が付いていて、 ...

NASAの衛星写真。北米プレート(日本の東北地方も乗せている!)とココスプレートのぶつかるところで地震が発生。濃い緑が低く、ベージュが高く、その高低差は1100 ...

2012年3月9日までに撮られた311の被害状況の衛星写真。NASAが保有する人工衛星から撮られた。赤っぽい写真が多いが、赤い部分は植生、青は水。つまり、それ以 ...