1930年北伊豆地震の元凶・丹那断層

2019/04/29


1930年にM7.3の北伊豆地震を起こした「丹那断層」をご存じでしょうか? 兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)と同程度のマグニチュードで被害も大きかったのですが、もっとも特徴的なのは、建設中の丹那トンネルを突っ切って2mもずらしてしまったことです。インフラに及ぼす活断層の脅威を目の当たりにした地震でした。その活断層が今でも一部きれいに残されています。日本人なら一度は訪れたい超重要なのに超穴場の丹那断層をご紹介します。

スポンサーリンク