2012.3.20メキシコ南部M7.4の地震がおきた震央付近の地形

   

NASAの衛星写真。北米プレート(日本の東北地方も乗せている!)とココスプレートのぶつかるところで地震が発生。
濃い緑が低く、ベージュが高く、その高低差は1100mと急峻。べー序の帯が西北西であることから、ここに西北西走行(=向き)の断層がある、とUSGS(アメリカ地質調査所)の見解。

http://earthobservatory.nasa.gov/NaturalHazards/view.php?id=77485&src=nha


 - 未分類 , , ,