海の中でも軽いものほど遠くに飛ぶ

      2013/05/20

小石を一緒に片手にもち、
人の迷惑にならないように軽く投げてみてください。
小石は結構手前でゴロンと落ちます。
はぱぁっと広がって落ちていきます。
そしては、空気中にサーッと広がり、
風があればどこまでも飛んで行ってしまいそうです。
さてここで、陸から海に、さっきと同じように、
小石を一緒に撒いたとしましょう。
それぞれは、どのように広がっていきますか?
実は、海のなかでも空気中と同じように
小石は広がっていきます。
絵で描くとこうなります。

ここからわかることはなんでしょう?
そうです。
海の中では、海底に積もった土砂は、
陸から離れるほど粒の大きさが小さい、
ということがわかりますね。
土砂が積もることを堆積(たいせき)といいます。
海の中に積もった土砂を海洋性堆積物といいます。
ごくごく基本的な海洋性堆積物のこの振る舞い。
まずはこれを、おさえてください。
次回以降は、その応用編のおはなしです。


 - 知っトク, 管理人の目 , ,