断層地形の例(国府津-松田断層)

      2013/05/20

断層地形の見分け方1」で、
長野県北安曇郡白馬村の神城にある
断層地形(断層崖)をみました。
ここでは、それ以外の断層崖を見てみましょう。
東海道新幹線に乗ったことはありますか?
東京から大阪方面に向かうとき、
小田原の手前でトンネルに入ります。
トンネルを抜けるとそこは...
雪国でしょうか?
いえいえまさか。
なんと、断層崖なんです!
トンネルを抜けたと思ったら、
即座に窓の後ろを振り返ってください。

高くそびえる崖があります。
下の地図でいうと、画面の真ん中を境に、
左側が平野、右側が山々になっているのがわかります。
その境目は、影の色が濃いですね。
これが、そのです。

大きな地図で見る
鎌倉時代に動いた形跡があるようです。
それにしてもすごいですよね。
でかいですよね。
こんなに動く地震っどんなにすごい地震なんでしょ。
残念ながらそれを記載した書物は見つかっていません。
ところで、電車に乗らない人は
「そんな崖、わからん」というでしょう。
では、有料道路なら走りますか?
では、小田原厚木道路を走ってください。
新幹線に乗ったのと、まったく同じ体験ができますよ。
こんな感じです。

大きな地図で見る
あ、ですがくれぐれも運転中に後ろを振り返らないでください。
バックミラーで確認してくださいね。
日本って、怖いところに主要な電車や道路が走ってますね。
でもこれはどうしようもないのです。
だって、日本は断層だらけなんです。
避けることなど、そもそもできないんですね。


 - 知っトク, 管理人の目 , , , , ,